腹筋運動は裏切らないと思っていませんか?

太っているからこそ腹筋運動をやるべきではない

まず、痩せるためにする腹筋運動はこれは大きな間違いです。
ここでは、いかに腹筋運動がダイエットには非効率。
そして、優先順位を下げるべきで、実は全くやる必要のない運動だということを説明します。

 

まず、「私がなぜあなたは腹筋運動をするのか?」と質問して答えられますか?
ほとんどの人が答えが出せないと思います。
というのも、腹筋運動は腹筋を鍛えるためのエクササイズであって、お腹を凹ませるエクササイズではないからです。
全く意味がないわけではありませんが、そんなことをしている暇があれば違うエクササイズをしたほうがよっぽど効果が出るし、やらなくても大して効果はかわりません。

 

そもそも、ダイエットを目的とした場合、どういう理由で腹筋運動を行うのでしょうか?
ほとんどの人は「お腹をへこませたいから」だと思います。
そして、腹筋運動をすれば腹筋が鍛えられ、腹筋運動をすればするほどお腹についてしまった脂肪がなくなり、お腹が凹んで引き締まっていく風に皆さんは想像しているのだと思います。

 

しかし、残念ながらそれは間違いです。
これは身体のすべて部位にいえることですが、すべての脂肪はそれぞれ気になるところを鍛えることによって都合よくキレイに無くなっていることなどないのです。
残念ながら人間の体は強く鍛えたら脂肪がなくなるような仕組みで出来ていないのです。

 

皆さんの周りの運動指導者はわかりませんが、勉強熱心な指導者であれば、腹筋運動ではお腹の脂肪は落ちないことをみんな知っています。
むしろ、あまりに当然過ぎて一般の人がこのように考えryなんて思っていなかったという人までいます。
このように、現在では腹筋は本用に優先順位の低いエクササイズなのです。

 

確かに、脂肪は筋肉が弱いところにつきやすいとも言われていますし、筋肉を付けることでその部分の脂肪が多少落ちやすい風にも言われています。
しかし、それを考慮に入れてもなお一般的な腹筋運動の優先順位を上げる必要はないです。

 

単純に腹筋運動で腹筋を鍛えたいのだとしても、お腹の脂肪が邪魔で全く腹筋へのアプローチができないとうことも加えておきます。
だから、太っていればいるほど、腹筋運動は無意味なのです。
お腹をへこませるにはウエストを細くするということが大きな目的で、弛んでついてしまった脂肪を燃焼させる必要があるということを絶対に忘れてはいけません。

非効率な腹筋運動あれこれ

ダイエットに効果のない腹筋や、太っている人がやっても意味がない腹筋はやりたくないですよね?
しかも太った人は、腹筋をしても腰をより痛める可能性が高かったり、腰だけでなく首を痛めてしまう可能性が大です。

 

しかも、体育の授業なんかでやっていた普通に腹筋運動だと思われるものでも実は危険がいっぱいです。
それではやってはいけない腹筋運動3種類です。

 

クランチ

脚を台などに置いて直角にし、腹部をのぞきこむように状態を丸めて持ち上げます。
腹筋上部を鍛える運動ですが、腹部の脂肪が多いと腹部を丸める動作がしずらく、首を痛めやすいなどの弊害があります。

 

シットアップ

膝を軽く曲げて脚を押さえてもらい、上体を起こします。
学校の授業や部活でやらされた人も多いのではないでしょうか?
腹筋を広範囲に鍛える運動ですが、不慣れな場合は反動を使ってしまい腹筋よりも腰や首をとても痛めやすい。
また、モモに力が入ってしまうと前腿も太くなってしまうので要注意です。

 

レッグレイズ

仰向けに寝て上体を固定し、手は床や某でさせておき、脚を伸ばしたまま真上まで上げ下げします。
下腹部の腹筋を鍛えるとされる運動ですが、相当腰に負担がかかる姿勢です。
腹筋が弱く、腰が痛いならばむしろ.絶対でにやってはいけません。