ダイエットには腹筋よりもスクワット!

ダイエットでは「何をすればどういう体になるのか?」ということを理解するのが大切です。
例えば、背中やお尻を筋トレして大きくすると、ウエストのくびれを目立つようになります。

 

そして、背中やお尻をどう鍛えるかも大切です。
背中を鍛えているつもりで腕や腰ばかり鍛えられてしまったり、お尻を鍛えるつもりで太ももばかりが太くなってしまう人がいます。

 

力の使い方や体重のかけ方で、結果が大きく変わることもあるため、筋トレで体がうまく変化していかないときにはよく気をつけましょう。

 

そして、ダイエットで筋トレをするならスクワットがオススメです。
スクワットにいろいろなバリエーションがありますが、お尻に効果のあるスクワットをきちんとできるようになると、お尻や脚、さらに腹筋などの体幹にも効果があります。

 

お尻を鍛えるスクワットのオーソドックスなものは、膝がつま先よりも前に行かないようにしゃがむスクワットです。しゃがむときにきちんと胸を張って前を見るようにすると効果的です。

 

こういった筋トレで体のシルエットを作りつつ、余分な脂肪がつかないように食事をコントロールするのが理想的です。

 

実は腹筋の筋肉はみんなも割れているのです。しかし、その上に脂肪が乗っているため割れた腹筋が隠れてしまうのです。

 

運動で脂肪を燃やそうとする人が多いですが、運動の消費カロリーは1時間走ってもケーキ1かけらに満たないものなので、脂肪を減らすためには食事自体を改善するのが最も効果的です。

スクワットをすれば代謝が上がりやすい

突然ですが、「ダイエットでいちばん大切なことはなんですか?」と質問されたら、どんなことを思い浮かべますか?

 

もちろん、人それぞれ大切に思っていることは違うと思いますが、「代謝」と答える方も多いんじゃないでしょうか。

 

代謝が上がれば、脂肪が燃えやすくなってダイエットしやすくなりますし、ダイエット後の体重維持もしやすくなります。

 

じつは今回ご紹介するスクワットは、多くの運動の中で代謝の上がりやすい運動なので、ダイエット効果が高いんです。

 

なぜスクワットは代謝が上がりやすいのか?

「なぜスクワットは代謝が上がりやすいの?」といった疑問を持たれる方もいらっしゃると思いますが、その理由はスクワットによって鍛えられる筋肉に隠されています。

 

スクワットで鍛えられる筋肉は、太ももやお尻、そしてふくらはぎといった下半身の筋肉が中心になります。

 

例えば、太ももは体の中でも大きくて分厚い筋肉ですが、このような筋肉を鍛えて大きくすると、消費エネルギーが増えて代謝が上がりやすくなるんです。

 

逆に腹筋運動で鍛えられる腹筋は、薄くて小さいです。そのため、腹筋運動を何十回チャレンジしたところで、お腹は引っ込むかもしれませんが、脂肪が燃えるといったダイエット効果は低くなります。

 

なので腹筋運動を何十回するよりも、スクワットを数回した方がダイエット効果が高いんですよ。

スクワットダイエットの正しいやり方

スクワットダイエットは正しい方法でしていないと怪我をしてしまう可能性が非常に高くなります。なので、これから始めようとしている人は、正しい方法をよく知ってから始めるのが一番です。

 

  1. 足は肩幅程度に開くようにして、手は前にまっすぐ伸ばすようにしましょう。
  2. ゆっくりと腰を落とすようにしてできれば、太ももが床と水平の状態まで落とすようにしてください。
  3. この状態を3秒程度キープするようにして、それからゆっくりと元の状態に戻すようにしましょう。
  4. これを15回程度を3セットするだけでスクワットダイエットが出来ます。

 

ダイエットとなると毎日しなければいけないと考えてしまい、毎日しようとしてしまいます。実はこのスクワットダイエットは毎日する必要がなく、2日から3日程度開けることがオススメです。
毎日してもよいのですが、しかし筋肉がつきすぎてしまったり怪我をしてしまったりなど悪い方法に言ってしまう場合が多いです。

理想の回数は?

ではスクワットダイエットはどのくらいの回数するのが一番適しているのでしょうか。
スクワットダイエットで1日に必要としている回数は、50回程度になっています。
いきなり50回もするのはキツイと感じてしまうのですが、休み休みでも良いですし、15回を3回程度するでも良いです。1日かけて50回程度のスクワットをすることでダイエットが可能になってくれます。
これ以上の回数も余裕でできるという場合でも、50回程度しておくのがオススメです。